ayuminokuni’s diary

人生をよりよく生きるために

利己主義と利他主義

ビジネスは言うまでもなくギブ&テイクである。
誰かを出し抜いていかに自分の利益を上げるかを考える人が多い。
しかし実際には、いかに多くの人を幸せにすることが出来るか、を考えることが成功への近道であるように思う。

自分が創出できる付加価値とは何か?
顧客満足を上げるにはどうしたらよいか?
その二つを考えれば成功に近づけるだろう。

経営者には、二つのタイプがあるという。

従来の経営者、規模の拡大、利益の拡大を目指すタイプ。
そして、もう一つは、新しい何かを発見したいというタイプ。

世の中に変革を引き起こすのは、たぶん後者のタイプだろう。

何をモチベーションとするかでタイプが決まるが、もはや拡大、スケールメリットは目標ではなく、単なる結果なのだと思う。
業態によって、適正規模が決まるからだ。

世の中を動かすものは何なのか?

利己主義は「経済」、利他主義は「共感」ではないかと思う。

経済は弱肉強食の世界であり、ある意味潔い価値観ではあるが、世界は経済だけでは動いていかない。

共感は時に奇跡を生むが、多くは幻想であることが多いようにも思う。

矛盾に満ちた人間という存在の危うさ。

わたし自身、いまだに結論は出ていない。

 

f:id:ayuminokuni:20170711005939j:plain

広告を非表示にする