ayuminokuni’s diary

人生をよりよく生きるために

しあわせとは、何だろう?

人は、幸せを求めて右往左往する。

幸せに必要不可欠なのは、『経済』なのだと思う。

近代になるまで、ほとんどの時代、経済は、今ほど豊かではなかった。生命を維持していく為の食糧を人力で生産し、余剰の付加価値を生み出すことは、意外に大変な作業だからである。実際、江戸時代には何度となく飢饉が起こっている。
人類の過去を振り返ると収奪と殺戮の歴史であることがわかる。
より豊かになるために、誰かの富を奪ったり、誰かを奴隷にするという行為は、普通に行われていた時代もあった。
人が集まり、集落を作り、やがて人々は中央集権的な国家を作り上げた。
さらに、周りの国々を併合し、植民地化することによって、自国の繁栄と安定を手に入れようとした。
いずれにしても、少ない富を潤沢に手にできたのは一部の支配層だけだったのである。
かつては、富を独り占めする事の正当性を担保するため、宗教が利用された。
宗教の多くは、天国の存在を謳っている。現世での幸せを約束できないので、来世での幸せを約束し、人々に希望をもたせようとしたのだ。宗教を信じる人の多くは、天国の存在を信じているが、天国への行き方については、それぞれの宗教で異なっていた。
一方、産業革命によって生産性が向上すると世界は一変した。
潤沢に付加価値を生み出すことができるようになったからだ。付加価値を産み出す生産手段と労働者を確保することに人々は奔走したが、一般大衆は、生産手段を手にした資本家から搾取されるだけの存在だった。
やがて、資本家と労働者の対立が激化した。
そして、資本主義者と共産主義者の対立が始まったのである。
資本主義者も共産主義者も経済成長によって現世に天国を生み出す事ができる主張した。ただ、具体的な手法については相違があり、イデオロギーという価値観の問題を争っていた。
個人的には、資本主義と共産主義の違いは、自由と平等のどちらを尊重するこという問題なのかもしれないと思っている。
結果として近年は、資本主義が勝利をおさめたように見える。そして、市場経済が形成された。
しかし、資本主義が最終的に理想的な社会体制なのかどうかの評価はもう少し歴史の審判を待たなければならない。
資本主義が勝利をおさめた要因は、人々の欲望をモチベーションとしたことである。
さらに、経済をゼロサムゲームと見なすのをやめて、あなたの利益は私の利益でもあるという、ウィンウィンの相互利益のアプローチをしたことで、天上の理想世界ではなく、現実社会での繁栄という奇跡を実現したのである。
資本主義は、世界中から飢餓をなくせるほどの成功をおさめたが、結果として飢餓はなくならなかった。経済的な豊かさが、更なる経済的な格差を生んでしまったからだ。
2016年、世界で最も富裕な62人が、最も貧困な36億人分と同じ資産を所有していると発表されて、世界を驚かせた。
しかし、3年後の2019年には、世界で最も富裕な8人が、最も貧困な36億人分と同じ資産を所有していると発表されたのである。
富裕層と貧困層の二極化がますます顕著になっているのは明らかだ。
人類は、環境を破壊しながら、今でも繁栄を続けている。際限のない拡大再生産は、どこかで行き詰まる。
SDGs(Sustainable Development Goals、持続可能な開発目標 )を叫んでみても、経済の拡大は止まらなかった。
しかし、コロナウィルスの蔓延で、経済は停滞したのだ。
食糧不足による生命の危機から脱却した人類は、感染症の危機にさらされる事によって、経済よりも優先すべき何かがあると気づいたはずなのだ。
 
最初の問いに戻ろう。
 
しあわせとは、何だろう?

 

f:id:ayuminokuni:20200524235630j:plain

月齢1.4の月と金星と水星

 

ユヴァル・ノア・ハラリ

ユヴァル・ノア・ハラリ氏の著作を読んでいると「慧眼」という言葉を思い出す。
彼の著作には、わたしがこれまでに出会ったことのない視点、思索に富んでいるからだ。

それは、以下のような記述である。

自由主義者も、共産主義者も、現代の他の主義の信奉者も、自らのシステムを宗教と呼ぶのを嫌う。
なぜなら、宗教を迷信や超自然的な力と結びつけて考えているからだ。
共産主義者自由主義者は、あなたは宗教的だと言われたら根拠のない絵空事を信じていると非難されているように思うだろう。
だが宗教的というのは、人間が考案したのではないもののそれでも従わなければならない何らかの道徳律の体系を、彼らが信じているということにすぎない。
私たちの知るかぎり、あらゆる人間社会がそうした体系を信じている。
どの社会もその成員に、人間を超越した何らかの道徳律に従わなければならないと命じ、その道徳律に背けば大惨事を招くと言い聞かせる。』

いままでずっと、わたしが宗教やイデオロギーに懐疑的だった理由が理解できた気がした。


「何らかの道徳律の体系」こそが、人間社会のコンセンサスとして世の中を形成している。
多くの人たちは、その「何らかの道徳律の体系」に疑問を抱かない。
しかし、「何らかの道徳律の体系」に疑問を抱き、背いたとしても「大惨事」は起こらない。

結局のところ、世界は、現状を守ろうとする保守主義者と現状を変えようとする革新主義者とのせめぎ合いなのだ。
どこまで行っても、保守主義者と革新主義者は折り合うことはない。
多くの教訓を得ながら、争いと失敗を繰り返すのだ。

だから人間は進化を止めないし、行き着くところまで行くしかないのだろう。

これこそが、これまでの人類の歴史そのものなのだと思う。

 

f:id:ayuminokuni:20200424231051j:plain

 

人生を俯瞰する

10年スパンで目標を立てる。

5歳から15歳 初等教育、非認知能力の獲得
16歳から25歳 高等教育、専門性の獲得
26歳から35歳 実務能力、社会性の獲得
36歳から45歳 創意工夫、独創性の獲得
46歳から55歳 指揮、統率、集団の指導
56歳から65歳 後進の育成
66歳から75歳 社会への還元、奉仕
76歳から85歳 達観

人は、今を生きる。

 

f:id:ayuminokuni:20200321224922j:plain

教育の目的

かつて、世界は数万年単位で変化していた。
江戸時代は、数百年単位で変化した。
明治維新後は、数十年単位、平成になってからは、数年単位で変化した。
そして、令和、わたしたちは毎年の様に何かが変化する時代を生きている。

こうした時代の変化のスピードは加速度が増している。
もはや、変化は止めようがない。
しかも、悪いことにその変化は予測すらできないのだ。
その事は、これまでの変化を見れば明らかだ。

今日子どもたちが学ぶことの多くは、子どもたちが大人になった頃に時代遅れになっている可能性が高い。

知識や情報を詰め込む教育から、4つの『C』に方針転換することが必要だという。

Critical thinking(批判的思考 )

Creativity(創造性)
Collaboration(協働)
Communication(コミュニケーション)

わたしが考える教育の目的は、『世界を理解する事』だと思う。

教育の成果によって、人は世界を見る目が変わるのだ。

絶えず学習して自己を改造する能力を高めよう。

変化する世界に柔軟に対応できる能力こそが重要だと思う。

『最も強い者が生き残るのではなく、
最も賢い者が生き延びる訳でもない。
唯一生き残るのは、変化できる者である。』

ダーウィンの言葉である。

 

f:id:ayuminokuni:20200225003455j:plain

 

人生100年時代

人生100年時代とも言われています。

では、長い人生の中で、その人の運命が決まるのはいつ頃でしょう?

あなたか、あなたのお子さんが小学生なら、今後10年くらいの選択と決断、行動と学びが、その後80年の人生を決めてしまう可能性が高いです。

もちろん、志さえあれば、人生はいつでもやり直すことができます。
しかし、その決断と実行には、大きなリスクと代償が必要になるでしょう。

長い人生の中で、初等教育から高等教育に至る期間が最も重要な10年です。

よりよく生きるために、10年後の目標とビジョンを持ちましょう。

10年後、どうなっていたいですか?

日々の積み重ねが『みらい』を創ります。


10年後のために、今日できることをしましょう。

 

f:id:ayuminokuni:20200125213156j:plain

 

自分とは何だろう?

「自分とは何だろう?」という問いかけは、自我の目覚め以来、一貫して、わたしがこだわり続けているテーマである。

人は年齢を重ね、経験を積むうちに、知識を増やす。
知識の量は、思考に大きな影響を与えるだろう。

宗教は、何百年も前から存在し、人の道や人生を説いてきたが、かつての先人たちは、進化論もDNAの存在も知らなかったし、ビックバンや相対性理論も知らなかった。

生物や宇宙の成り立ちへの理解は、世の中の解釈に影響があるように思う。

何を知り、何を知らないのかによって、思考は変遷をするだろう。

結局のところ、すべては途上なのだと思い知らされるばかりである。

だから、わたしは、誰よりも、遠くへ行きたいのである。

 

f:id:ayuminokuni:20191208220510j:plain

サスティナビリティ(持続可能性)

太平洋に浮かぶ孤島、イースター島にはかつて巨大なモアイ像をいくつも作ることができるほど豊かな文明があったという。

絶海の孤島という閉ざされた空間の中で、森林破壊が進み、資源が枯渇しその文明はモアイ像を残して消滅していった。

 

過去の歴史の中で、一時期、豊かさを謳歌し繁栄した文明は世界中にたくさんあったように思う。

隆盛を極めたそれらの文明もその繁栄は永遠には続かなかった。

その理由は、サスティナビリティ(持続可能性)の観点が欠如していたからではないかと思う。

自然が産みだす資源以上の資源を消費すれば、やがて資源が枯渇してしまうというのは、単純な論理である。

その現象がイースター島という特定の地域で起こった出来事であれば、影響は限定的だが、地球規模で起これば大変なことになる。

 

今の地球は、世界的な規模でイースター島の悲劇を繰り返そうとしているのかもしれない。

 

f:id:ayuminokuni:20191110004553j:plain