ayuminokuni’s diary

人生をよりよく生きるために

労働の意味

労働とは、苦痛か、喜びか?


過去、日本の農業、稲作は、自然の人間化の試みだった。

 

人は、自然の中で食物を作り出すために農作業をした。

労働は、生きていくための食物を作り出す喜びの作業だ。


しかし、近代資本主義は、労働を使役と義務、苦痛なものにしてしまった。


労働とは、ある意味、人生そのものかもしれない。

 

どんな人生を選択するかは、どんな仕事を選択するかにかかっている。

  

f:id:ayuminokuni:20171219173857j:plain